沿革

長崎大学が昭和24年5月31日(1949)国立学校設置法)昭和24年法律第150号)により新制大学として設置された。附属図書館は、中央図書館を経済学部構内に、また学芸学部・経済学部・医学部、薬学部、水産学部、大村分校(教養部)及び風土病研究所に分館が置かれた。
その後の沿革は次のとおりである。

                        
昭和25年10月 中央図書館を長崎市興善町15番地に移転
26年3月 長崎大学商業短期大学部が設置され、図書館業務は経済学部分館が行う
12月 中央図書館を長崎市興善町35番地に移転
28年4月 原爆被害を受けた旧長崎医科大学図書館書庫2棟を改修、医学部分館として使用
29年3月 中央図書館を長崎市坂本町の医学部構内に移転
31年3月 中央図書館を長崎市大橋町の学芸学部構内に移転、分校及び学芸学部分館を中央図書館へ統合
32年11月 中央図書館より教養部分館及び学芸学部分館を分離
38年4月 医学部分館を医学部基礎研究棟へ移転
46年2月 中央図書館新館完成附属図書館を整理統合(教育学部分館、薬学部分館、水産学部分館、教養部分館、熱帯医学研究所分館を廃止)
中央図書館事務部に6係を設置(管理、雑誌、受入、整理、運用、参考)
47年2月 経済学部分館新館完成
51年9月 「教育工学センターシステム」の端末機を利用し、中央図書館の閲覧業務を電算化
54年1月 医学部分館新館完成
4月 医学部分館は、熱帯医学研究所を含めた複合分館として発足、医学分館と改称
10月 歯学部が設置され、図書館業務は医学分館が行う
56年3月 医学分館において、オンライン情報検索(JOIS)サービス開始
57年4月 図書館事務機構整備(分館の係を学部から図書館事務部へ一元化)医学分館図書係を医学分館整理係及び医学分館運用係の2係へ改組
59年4月 雑誌係を学術情報係と改称長崎大学医療技術短期大学部が併設され、図書館業務は医学分館が行う
8月 中央図書館書庫の増築完成
9月 図書館業務専用コンピュータを導入
60年1月 経済学部分館の閲覧業務の電算処理開始
4月 事務機構整備(図書館事務部:一部二課制) 整理課5係(管理、受入、整理、医学分館整理、経済学部分館図書)
閲覧課4係(運用、参考、学術情報、医学分館運用)
61年4月 閲覧課に図書館専門員を置く 中央図書館にブックディテクションシステムを導入
62年4月 医学分館において、休業期を含めた平日・土曜日の通年の時間外開館実施
63年2月 図書館業務専用コンピュータを更新
3月 学術情報センターネットワークに接続
4月 事務機構整備(整理課を情報管理課、閲覧課を情報サービス課と改称) 情報管理課5係(総務、受入、目録情報、システム管理、医学分館医学情報)
情報サービス課4係(運用、参考調査、医学分館運用、経済学部分館図書係)
平成2年3月 中央図書館にファクシミリ導入
7月 医学分館にCD-ROM情報検索システム導入
9月 中央図書館のカウンター業務一元化(3階カウンターを2階カウンターへ統合)
4年4月 事務機構整備=係の名称変更及び再編成 (目録情報係を図書管理係、受入係を雑誌管理係)
lLL(図書館間相互利用)システム稼働開始
5月 週休2日制実施に伴う土曜日休日開館実施開始(中央図書館及び医学分館)
5年2月 図書館電算機システム機種更新
6年10月 CD-ROM版MEDLINEの学内LANによる全学への情報検索サービス開始
7年9月 学内LANによるOPACサービス開始
8年7月 図書館活動における功績(公開講座の開催)により国立大学図書館協議会賞を受賞
12月 CD-ROMサーバシステム(OVIDNET2検索システム)導入
9年2月 図書館電算機システム機種更新、電子情報提供システム導入
11月 図書館にボランティア受入
10年3月 入退館システム(中央図書館)、ブックディテクションシステム(医学分館、経済学部分館)、電動集密書架(経済学部分館)を設置
4月 研究開発室開設
6月 幕末・明治期古写真データベース公開
11年3月 グラバー図譜データベース公開 医学分館、経済学部分館に入館システム設置、医学分館共同図書室に24時間開館システム設置
13年4月 運営委員会を図書館委員会に改組
事務組織の改編及び名称の変更
中央図書館に図書自動貸出装置を導入
14年1月 電子ジャーナルの本格的導入開始
4月 全学教育における教養セミナーで「図書館ガイダンス」を実施(新入生向け)
7月 Webからの文献複写・図書借用依頼開始
11月 附属図書館外部評価の実施
15年3月 経済学部分館に自動貸出装置を導入
4月 古写真資料室設置
7月 中央図書館 日・祝日開館実施
10月 経済学部分館 日曜開館開始
16年4月 医学分館 日・祝日開館開始
国立大学法人化に伴い、事務組織の改編及び名称の変更
17年6月 中央図書館、医学分館、経済学部分館に公開貴重資料展示室を設置
18年4月 図書館部2課と総務部総務課情報班を学術情報部3課に統合
19年4月 「長崎大学附属図書館・放送大学長崎学習センター合築棟」完成
6月 合築棟2階に「メディアルーム」及び「ライブラリーラウンジ」を開設
21年3月 中央図書館新館ピロティを集密書庫に改修竣工
7月 幕末・明治期日本古写真コレクション中の「ボードイン収集紙焼付写真」(ボードインコレクション)が国の登録有形文化財に登録
10月 中央図書館新館集密書庫に集密書架を開設
25年1月 中央図書館耐震・リニューアル改修竣工
4月 中央図書館リニューアルオープン
26年2月 医学分館増改築竣工
5月 医学分館リニューアルオープン

[このページの上に戻る]