長崎大学附属図書館TOP資料をさがす長崎大学電子化コレクション古写真仮想展示会幕末開港と長崎> 長崎外国人居留地と出島

幕末開港と長崎

[次の写真へ] [前の写真へ] [目次に戻る]

南山手からの大浦居留地

 この写真は明治10年(1877年)頃に撮影されたものである。
 写真中央に大浦海岸通りがあり、その先に出島がある。出島の前面に広く干潟(ひがた)が拡がっているが、これは中島川から流出した土砂が堆積したものである。
 このために、長崎港の港湾機能が低下し、長崎県はデレーケ(DRijke)の指導を受け、明治18年(1885年)第1次長崎港改修工事により中島川を出島の背後に変流した。その後、出島前面が埋め立てられて江戸期の出島の姿は消滅した。
 出島が消滅する原因となった、中島川の干潟が撮影された写真である。


20.8×26.6 cm
(26-43)