長崎大学附属図書館TOP資料をさがす長崎大学電子化コレクション古写真仮想展示会幕末開港と長崎> 長崎港と市街の鳥瞰

幕末開港と長崎

[次の写真へ] [前の写真へ] [目次に戻る]

長崎市街の中心部と出島・梅香崎居留地 ベアト 1866年3月


 風頭から望む長崎の街と長崎港。ベアトのキャプションの日付けから1866年3月のものであることがわかる。
 右上の出島横、中島川口にはまだ新大橋が架けられていない。唐人貿易に供せられていた新地蔵の裏はまだ海の名残があり、その横の梅香崎にはまだ洋館群が建てられていない。右上の茂みの側には長崎奉行所西役所の建物が見える。
 長崎の鳥瞰(ちょうかん)写真として古いもののうちの一枚である。


17.8×21.6 cm
(17-2)