長崎大学附属図書館TOP資料をさがす長崎大学電子化コレクション古写真仮想展示会幕末開港と長崎> 上野彦馬とベアトの長崎

幕末開港と長崎

[次の写真へ] [前の写真へ] [目次に戻る]

工部省長崎工作分局飽の浦工場 上野彦馬 1879年頃


 「長崎製鉄所」(最初は長崎鎔鉄所)はオランダ人ハルデスの指導と本木昌造らの努力により文久元年(1861年)に完成した。
 明治政府はトーマス・グラバーの小管修船場をこれと合併させ、明治4年(1871年)4月工部省の所管として長崎造船所と改め、翌年長崎製作所と改名した。
 明治10年(1877年)には長崎工作分局と改称され、明治17年(1884年)から明治29年(1896年)三菱会社長崎造船所飽の浦機械工場となる。


11.9×20.1 cm
(21-3)