長崎大学附属図書館TOP資料をさがす長崎大学電子化コレクション古写真仮想展示会幕末開港と長崎> 長崎点描

幕末開港と長崎

[次の写真へ] [前の写真へ] [目次に戻る]

悟真寺外国人墓地 上野彦馬 明治初期


 稲佐の浄土宗悟真寺墓地。
 キリシタン時代以後の仏法再興の最初の寺であり、在留唐人の菩提寺ともなったため開国まで外国人の墓所となった。
 中央に見える白い塔はギリシア正教の堂であり、ロシア人の墓域にあたる。その右手はオランダ人墓域であり、日本で客死した出島のオランダ商館長デュルコープの墓などがある。


20.6×26.8 cm
(26-20)