長崎大学附属図書館TOP資料をさがす長崎大学電子化コレクション古写真仮想展示会洋風化・近代化> 江戸から東京へ:徳川将軍家の残照

洋風化・近代化

[次の写真へ] [前の写真へ] [目次に戻る]

台徳院宝塔


 台徳院霊廟は現在の芝ゴルフ場の辺り芝増上寺南廟に秀忠正室崇源院霊廟に隣接して建てられ、奥院は東照宮の裏側の丘の上にあった。
 台徳院宝塔は円筒形木製で、方形の屋根は極彩色に塗られた軒下の四手先出組の斗組によって支えられ、屋根上には相輪(そうりん)がある。
 正面には唐様桟唐戸が見えており、腰長押より上部の羽目には瀟湘(しょうしょう)八景の図、下部の羽目には牡丹の図を高蒔絵に施し、七宝入の透彫金具を打って装飾された江戸初期の粋を集めた美術工芸品であった。
 この宝塔は木製のゆえに八角覆屋中の八角三重石造台座上に安置されていた。


26.3×20.3 cm

(4-4)