長崎大学附属図書館TOP資料をさがす長崎大学電子化コレクション古写真仮想展示会洋風化・近代化> みなと町神戸の脹わい

洋風化・近代化

[次の写真へ] [前の写真へ] [目次に戻る]

オリエンタルホテル


 マレーの『日本旅行案内』第3版によると、神戸の外国人用ホテルはオリエンタルホテル、兵庫ホテル、オテル・ドゥ・コロニーがあった。
 オリエンタルホテルは明治40年(1907年)、居留地6番に建てられたドイツ人建築家デ・ラランデの設計によるドイツ・バロック様式4階建ての建物であるが、写真のオリエンタルホテルは2階建てであり、建物のファサードはコロニアルスタイルの洋風建築である。
 居留地80番の京町通りに面した住居を改造して造られたものと推測されるが、詳細は不明である。


5.6×8.2 cm

(46-66)