長崎大学附属図書館TOP資料をさがす長崎大学電子化コレクション古写真仮想展示会洋風化・近代化> みなと町神戸の脹わい

洋風化・近代化

[次の写真へ] [前の写真へ] [目次に戻る]

武庫川鉄橋 (東海道本線) 、神崎川に架かる鉄橋


 神戸・大阪間の鉄道のうち、神戸・三宮間は最初から複線だったが、それ以外の区間は単線で明治7年(1874年)5月に仮開業した。
 武庫川鉄橋は当時の主任技師補ジョン・イングランドが概略設計して英国に送り、ウイリアム・ポールとホワイトが詳細設計し、英国ダーリントン社が製作したわが国最初の鉄橋で、鋳鉄(ちゅうてつ)製の飾りがついた垂直なエンドポストが見えている。また橋脚はクインポストと呼ばれる脚柱であった。


21.0×27.1 cm

(37-90)