長崎大学附属図書館TOP資料をさがす長崎大学電子化コレクション古写真仮想展示会洋風化・近代化> 幕末の仮領事館と穣夷

洋風化・近代化

[次の写真へ] [前の写真へ] [目次に戻る]

文久のステレオカ−ド 文久元年(1861年)


 1枚目は「江戸、イギリス公使オールコック氏の邸宅の入口」と解説されているが、イギリスの仮公使館に定められた東禅寺(東京都港区高輪)の山門である。
 2枚目は「江戸のアメリカ合衆国領事館から撮影された風景」と解説されている。善福寺(東京都港区元麻布)である。
 3枚目は「ガワー氏と江戸のイギリス領事館駐在武官である日本の高官たちのグループ」と解説されている。水戸浪士14人はこの前日オールコックが滞在していた東禅寺を襲撃した。

(70-6) - (70-8)