長崎大学附属図書館所蔵 貴重資料

長崎学デジタルアーカイブズ

当館が所蔵している長崎学関係資料から、主要なコレクションを電子化して、「長崎学デジタルアーカイブズ」として公開しています。

長崎学デジタルアーカイブズの閲覧

大型コレクション

1.幕末・明治期日本古写真コレクション(中央図書館)

1860-1890年代にかけて上野彦馬やベアト等の写真家により日本で撮影されたもので、その多くは当時の職業絵師により彩色されている。時期的には日本写真史の創成期にあたり歴史的価値が高いばかりではなく、この古写真を通して当時の日本社会をうかがい知る貴重な史料である。内容は、主に幕末から明治初期の長崎、横浜といった外国人居留地や港の情景、建物等を中心に東京、京都、大阪、神戸、その他の土地の風景・風俗を写した6,026点のオリジナル写真である。平成9,10年度に文部省科学研究費の交付を受け、このコレクションのデータベース化を実施し、インターネット上で公開している。

2.ドイツ教育思想・教育制度コレクション(中央図書館)

本コレクション(Erziehung in Deutschland,1750-1870)は、プロイセン王国(ドイツ)で1750-1870年にかけて刊行された教育学関係文献で、第1部:著名な教育思想家の著作及び当時の教育制度に関する文献221点、第2部:当時の教育現場で使用された実務書91点で構成され、初版本を中心に収集されている。昭和61年12月に目録を作成し、関係図書館へ配付した。

3.アメリカ巨大企業/経済集中関係資料(経済学部分館)

アメリカの経済集中に関する各種委員会の報告書。

貴重資料

1.グラバー図譜(正式名称:「日本西部及び南部魚類図譜」)(中央図書館)

幕末のスコットランド人貿易商Tomas Blake Gloverの次男倉場富三郎(Tomas Albert Glover)が、明治後期から昭和初期の二十余年間に長崎の魚市場に水揚げされた約600種の魚類を、5人の地元画家に肉筆写生させた全32集806図(801枚)の彩色魚譜で、日本四大魚譜の一つと言われている。戦後、倉場氏から遺贈を受けた渋沢敬三氏が本学水産学部に寄贈されたものである。平成10 年度には、この図譜を電子化しインターネット上で公開している。

2.武藤文庫(経済学部分館)

長崎高等商業学校教授 故武藤長蔵博士旧蔵の和洋図書並びに雑誌、小冊子類約一万冊及び各種資料約200点からなり、その内容は日蘭・日英貿易、幕末長崎関係史料及び経済関係古典を中心に広範囲な学問分野にわたり、多くの稀覯書を有している。

3.長崎古地図(縦129 cm×横212 ㎝)(中央図書館)

彩色の鳥瞰古地図の軸物で年代の銘記を欠くが、寛政年間(1792―’97)のものであることは、変化の著しい新地蔵の浮かんでいる内浦地域に焦点を絞って考察すると明らかである。円山応挙が寛政4年(1792)に出島を中心に描いた有名な「長崎港図」(長崎県立美術博物館)の絵図と対照させ得る長崎古地図群の白眉であろう。

4.インド文庫(中央図書館)

1961、1969、1970年の三回にわたりインド大使館の好意により贈られた「ガンジー生誕百年記念文庫」を含む177点のインド関係資料(洋書)である。

5.幕末長崎防備諸侯の写真(中央図書館)

幕末期の長崎防備のため、長崎や藩地などにあって激動転換期に活躍した諸藩主や長崎 代官の写真及びこれを解説した資料である。この資料は元館長鍋島直共氏が各地に散逸・消滅寸前のものを苦心の末、収集寄贈されたものである。

6.紅夷外科宗伝(楢林鎮山著〕(医学分館)

鎮山は江戸時代中期の蘭通詞、後に蘭方医。本書は宝永3年(1705)にフランス・ルネッサンス期の外科医 Ambroise Pare(1510-’90)の外科書の蘭訳本をもとにして彩色図を描き、説明を加えたもの。貝原篤信(益軒)の序文がある。本文は漢和両文で記載され、神経の記述が初めて見られる。また、手術法の図だけではなく医療器具も多数模写してあり、蘭方医たちの手引書として各地で伝写された。

7.朋百氏薬論(司馬凌海訳証、明治2年(1869)刊)(医学分館)

Pompeの薬物学講義を翻刻したもので、文久元年(1861)12月25日付のPompeの序文及び慶応元年(1865)陰暦8月の自序がある。

8.薬物学(別題「百氏薬性論」)(医学分館)

安政7年(改元 万延元年)(1860)序、司馬凌海の註であるが、内題に”和蘭朋百先生講述、日本蘭疇松本先生述、門人司馬津註”と見える。刊本”百氏薬性論”の稿本とも考えられるので、刊本よりも詳しい註証が示されている。

9.Flora Japonica sive Plantae (Siebold及びZuccarini共著「日本植物誌」(1835-’70年版))(医学分館)

Sieboldの植物に関する著書として著名、かつ代表的なものとされるが、本書は発行当時の表紙をそのまま巻末に集めて製本した貴重な資料である。

10.聴胸器(医学分館)

嘉永元年(1848)Otto Mohnikeが長崎に渡来した際にもたらしもので、日本における最古の聴診器である。

11.解剖紙製模型(医学分館)

Pompeが解剖学の講義に使用するため、フランスから輸入したものである。以後長崎医学校時代まで使用したという。当時1週間3時間の授業の際に展示していたので、実習が困難であった時代には学生に大きな便宜を与えていたものである。

12.正骨原(医学分館)

二宮督が「正骨範」に収載されている正骨手技16図を、古香斎という画家に描かせた一軸である。文政・天保年間の筆と推定される。当時の骨関節治療の徒手整復術及び矯正法の基本型が巧みにアレンジされている。
[ このページの上に戻る ]