学外の図書館の利用

 図書館で探している資料が見つからないときは、他大学の図書館に直接行って利用したり、 他の図書館から資料を取り寄せたりすることができます。

1.他の大学図書館の直接訪問利用 | 2.文献複写 | 3.現物借用 | 4.海外の図書館からの文献取り寄せ

1.他の大学図書館の直接訪問利用

  • 他の大学図書館に直接出向いて利用したいときは、紹介状を発行します。 中央図書館では参考調査担当に、医学分館と経済学部分館ではカウンターにお申し出ください。
  • 九州地区の大学図書館は身分証明書・学生証のみで利用することができます。 九州地区大学図書館協議会加盟館一覧で利用条件をご確認ください。
  • 教官や大学院生が全国の国立大学図書館を利用する場合も、紹介状は不要です。 身分証明書や学生証の提示で利用することができます。
  • 利用案内やカレンダー、その他の情報は、各図書館のWebサイトで公開されています。大学図書館関係WWWサーバで利用したい図書館を探してご確認ください。
直接訪問利用時に必要なもの
 九州地区の
国立・公立・私立大学図書館
九州地区以外の
国立大学図書館
九州地区以外の
公立・私立大学図書館
学部学生 学生証図書館利用願(紹介状)図書館利用願(紹介状)
大学院生 学生証学生証図書館利用願(紹介状)
教職員 身分証明書身分証明書図書館利用願(紹介状)

2.文献複写

  • 他キャンパスおよび学外の図書館から文献のコピーを取り寄せることができます。
  • 申込みはWebフォームを使って行うことができます。詳細はこちらをごらんください。
  • Webフォームをご利用になれない方は、カウンターに用意してある申込書にてお申し込みください。1論文(1件)につき1枚ご記入ください。
  • 申し込む前に、下記2点の確認にご協力ください。
申込書の記入
学部、学年、所属学部、部局名を記入してください。学部生の場合は学部と学年を記入してください。
氏名申込者の氏名を記入してください。
支払責任者複写料金を支払う人の名前を記入してください。
※医学分館の用紙では記入欄はありません
支払区分公費(研究経費・教育経費等)、私費の別を選択してください。「国立大学になかった場合私費可」かどうかもチェックしてください。
連絡先内線電話、電話番号、メールアドレスなどを記入してください。
依頼範囲、国外手配「国内のみ」「国外まで」を選択してください。
※医学分館の用紙では「要」「不要」というチェック項目です
種別普通郵便、速達、FAXなどを選択してください。
ISSN.ISBN分かる場合は記入してください。
誌名、書名(出版社)必ず記入してください。雑誌名は略誌名(Abbreviated Title)でもかまいません。
巻号、頁、出版年巻号、該当ページ、発行年を記入してください。
著者論文の著者を記入してください。著者が多数の場合、筆頭著者のみでもかまいません。
論題論文のタイトルを記入してください。長い場合は途中まで書いて、(…)による以下省略でもかまいません。


料金と到着期間
  • 複写料金は、所蔵大学・機関の規程料金(1枚あたり35~60円)に郵送料を加えた金額になります。
  • 依頼から到着までは1週間程度です。到着しましたら連絡先として記入されたところに連絡いたします。
  • 私費の場合は代金を持ってカウンターまで受け取りに来てください。

3.現物借用

  • 他キャンパスの研究室及び学外の図書館から図書を借用することができます。
  • 学内の他キャンパスの図書館で所蔵している図書は学内配送で取り寄せすることができます。詳しくはカウンターでお尋ねください。
  • 申込みはWebフォームを使って行うことができます。詳細はこちらをごらんください。
  • Webフォームをご利用になれない方は、カウンターに用意してある申込書にてお申し込みください。
    文献複写と同じ用紙ですので、用紙上部の「借用」というところに○印をつけてください。1冊につき1枚ご記入ください。
  • 申し込む前に、学内に所蔵していないかどうかをOPAC で確認してください。
申込書の記入
学部、学年、所属学部、部局名を記入してください。学部生の場合は学部と学年を記入してください。
氏名申込者の氏名を記入してください。
支払責任者現物借用の料金を支払う人の名前を記入してください。
※医学分館の用紙では記入欄はありません
支払区分公費(研究経費・教育経費等)、私費の別を選択してください。「国立大学になかった場合私費可」かどうかもチェックしてください。
連絡先内線電話、電話番号、メールアドレスなどを記入してください。
依頼範囲、国外手配「国内のみ」「国外まで」を選択してください。
※医学分館の用紙では「要」「不要」というチェック項目です
ISBN分かる場合は記入してください。
書名、出版社できる限り詳しく記入してください。
出版年発行年を記入してください。
著者図書の編著者名を記入してください。


料金と到着期間
  • 料金は往復の郵送料です。「冊子小包、簡易書留」扱いの金額ですので1冊あたり1,200円程度になります。
  • 依頼から到着までは1週間程度です。到着しましたら連絡先として記入されたところに連絡いたします。
  • 私費の場合は代金を持ってカウンターまで受け取りに来てください。

4.海外の図書館からの文献取り寄せ

  • British Library Document Supply Centre(BLDSC)への文献複写・借用依頼を行っています。支払いは公費のみです。
    (中央館・医学分館では私費も受け付けていますが、料金や利用条件が公費の場合と異なります。各館担当者までお問い合わせの上、ご利用ください。)
    BLに関しては到着後、文献受領の前に「著作権宣誓書」に注文者自筆の書名をしていただくことになっています。詳しくはこちらをご覧ください。
     ※公費で国外手配された文献について(BL)
  • 中央館では、OCLCへの文献複写・借用依頼を行っています。支払いは公費のみです。料金や期間等の詳細については参考調査担当までお問い合わせください。
  • 医学分館では、National Library of Medicine(NLM)への文献複写依頼を行っています。
料金と到着期間(2016.9.1 現在)
BLDSC複写1件ごとに2,350円(航空便)+5ポンド(著作権料金)
借用1件ごとに4,060円 +返送時の航空便料金が加算されます。
到着期間申し込んでから10日から2週間程度で届きます。
OCLC複写1件ごとに3,000円から4,000円程度。
※他に請求書発行手数料(1,500円)が加算されます。
借用1件ごとに4,000円から7,000円程度。
※他に請求書発行手数料(1,500円)が加算されます。
到着期間申し込んでから20日程度で届きます。
NLM複写1件ごとに1,300円(郵送料込み)。支払方法が郵便振替になりますので、郵便振替手数料が80~100円加算されます。
到着期間申し込んでから7~10日程度で届きます。

このページのトップに戻る