インパクト ファクター説明会のご案内

雑誌のインパクト ファクター(IF)について、正しい理解や医学分野におけるIFの傾向などについて、IFの考案・提供元であるトムソンサイエンティフィック から講師をお招きして説明していただきます。

日時及び場所
3月16日(水) 午後6時半から ポンペ会館 [ Map ]
主な内容 [ 詳細 ]
  • インパクトファクターとは何か(本来の目的、その意味するところ、よく見られる誤用例)
  • 分野間の引用動向の比較(医学分野と、薬学、免疫学ほか)
  • High Impact Papers(高被引用度論文)の紹介(医学分野、その他の関連分野)
これを機会にIFに関する正しい理解を深め、有効にご活用ください。
たくさんのご来場をお待ちしています。


インパクトファクターとは何か:Journal Citation Reports (JCR)説明会

トムソンサイエンティフィック

弊社は40年以上引用索引データベースWeb of Science (Citation Index)を作成し、その収録対象誌選定の一指標としてインパクトファクターを考案し、提供してまいりました。インパクトファクターが普及するにつれ、「自分の論文のインパクトファクター値を調べたい」や「投稿誌のインパクトファクター値の合計を研究評価に利用する」などの誤解・誤用も、多く見受けられるようになりました。

本プレゼンテーションでは、インパクトファクターとは何かをご説明し、雑誌評価指標であるインパクトファクターの利用上の留意点をご説明いたします。また、インパクトファクターからみた医学関連雑誌の動向についてもご説明いたします。

インパクトファクターの普及は、論文引用データを使った研究評価に関心が高まったためと考えられます。本プレゼンテーションでは、論文の引用データを使った研究パフォーマンス評価の試みについても言及いたします。インパクトファクター算出のもとになっている引用索引データベース(Web of Science)から長崎大学の論文を抽出し、論文引用データからみた長崎大学における研究パフォーマンスについて発表いたします。長崎大学の研究者の方々、研究評価部門の方々に向けてお話させていただきます。
  • WoS雑誌収録の基準(なぜ選択的か、WoSサーチ結果に見られるその効果)
  • インパクトファクターとは何か(本来の目的、その意味するところ、よく見られる 誤用例)
  • 分野間の引用動向の比較(医学分野と、薬学、免疫学ほか)
  • High Impact Papers(高被引用度論文)の紹介(医学分野、その他の関連分野)
日時 : 3月16日(水)午後6時半から
会場 : ポンペ会館 [ Map ]

医学分館ホームページへ